アカシックレコード・魂鑑定士 髙倉千聖

自分を知りたい方へアカシックレコードと霊視と宇宙と魂と人間と着物の話

「誰かの魂と宇宙と地球の狭間にそっと。」
魂の繋がり。魂の記録、見えない不思議からリアルの解決の糸口まで

一般の方からプロの方まで

心魂メッセージお伝え致しております。
魂鑑定士♪Palura☆ちぃ髙倉千聖です。

 
 

「そこに神威あり」

神道神仏習合の行者として霊山のお参りもさせて頂いております。

 

先日、12日の早朝から、福岡県太宰府市にあります、宝満山へ行としてお参りしてまいりました。

 

お行としてお参りいたしますときには、さいていでも一週間前から四つ足の肉断ちや潔斎などで身を清める前行をしてお山に向かいます。

 

一般的な登山やハイキングとは意味合いが違います。

 

さてそんな中。

 

今ある日本の霊山とは昔の行者さん、代表的なかたは役行者(えんのぎょうじゃ)さんや弘法大師空海さんが有名です。

 

そういった方々があちこちのお山でご神仏のご神氣を感じて、勧請され、お祀りされ現在に至るのですが

 

信心深いご年配の方々からお話しを伺うと、本来、霊山で怪我したり死んだりすることは病気であっても事故であっても罰当たりと言われたりいたします。

 

とはいえ生き物から人間まで時代の様々に生き死にはあるのがお山でもあります。

 

昔の話しでは飢饉のときなんか山に身内を捨てにいってたというお話もありますね。

 

もちろん九州のお山にも色々あったりいたします。

 

それでも「霊山」として信仰のお山があるわけですが

 

宝満山玉依姫さんがお祀りされています。

 

今回はひとり。午後から仕事がありましたのでちょっと急ぎ目に登って降りてまいりました。

 

その道中、さすが平日、そして朝の6:30からという微妙な時間帯であまりお人には合わず、また道中ひとり朝日の射す中を歩いていましたら

 

 

「そこに神威あり」と浮かびまして。

 

 

なぜ(行として)山に登るのか     とよく問われるのですが、

 

はじめは自殺した父の供養のためでした。

霊山参りを望んだのは母でしたが母は足が悪いため山に登れず私がかわりに登ったのがはじまりです。

 

話をもどしまして

 

「そこに神威あり」

 

そのあと、" 身を清めた神職者や行者、参拝者が山頂に神威を感じまた思い、ご神徳を求め、山を登り、神威やご神徳を受けて山を降りることで山が霊山として清められ道ができ、靈山が靈山として成る "   と、きこえました。

 

もちろん普通に山に登ることも素敵だと思います。

 

ただ、現在でも信仰の厚いお山ではお山ごとの作法、礼法、約束ごとがあります。

 

ゴミを捨てない、また道中トイレがなくても用をたしてはいけない領域などいろいろあります

 

それらを守ることは自分を守ることにもなります

 

自分で分からない場合は、最寄りの神社仏閣にお問い合わせになられるか、また先達さんや案内人さんに教えて頂くか同行されることをオススメいたします。

 

真摯なお心をもって登って頂きたいです。

 

 

 

つづくf:id:palura555888:20180915005315j:image

 

今日は9月9日重陽(ちょうよう)ですね^ ^

今日は9月9日重陽(ちょうよう)

 

f:id:palura555888:20180909114548j:image

(画像はまったく関係ありません)


9という数字は数の中で最大数とされ、また奇数の数が重なる日は大地、宇宙、ともに氣(エネルギー)が強い日とされます。

 

一月一日、三月三日、五月五日、七月七日、そして九月九日。


9月9日は日本酒に菊の花びらを浮かべた菊酒で邪気を祓うという風習もあります。元は中古の易からきていますが

 


繰り返す日々の中にちょっとした験担ぎを取り入れることで身も心も健やかに過ごせるという「良い氣を持つ」ことを大切にしてきた先日の知恵でもあります。

 


菊の花びらには抗菌作用、殺菌作用、解毒作用、デトックス作用がありますので昔からお刺身と一緒に食べたりされてきました。

 

そう、

お刺身の菊の花は飾りではないのです✨

お刺身にそえてある菊の花はお醤油の小皿に花びらを散らしてお刺身と一緒にいただきます✨

 


食用に改良された大きな菊は色も様々にあり、おひたしにすると"きゅっきゅっ"とした歯ごたえが美味しいです^ ^

それでいて味はクセがないので散らし寿司などにも華やかになります✨

 

とはいえ食用の大きな菊の花は九州はあまり売られてなかったりします

 

ではどうするか?

 

はい^ ^

 

同じキク科のお野菜を一品たしてみてはいかがでしょうか^ ^

 

キク科のお野菜は

しゅんぎく、ごぼう、れたす、…

改めて調べてみますと、意外と馴染みのあるお野菜がたくさん^ ^

詳しくは下記または「キク科のお野菜」で検索されてみてくださいね^ ^

https://www.iris-saien.com/zukan/lfx-kamoku-KIND-6.htm

 

またアレルギー等々でキク科の食べ物がダメな方、"菊の花の形にかたどったもの" でもOKです

 

美味しく、楽しく運氣アップしちゃいましょう✨

 

心と身体と魂は繋がってますから自分にとっての楽しい✨うれしい✨おもしろい✨を大切に♪

 

 

皆さまに素敵な風が吹きますように!

 

アカシックレコードリーディング・魂鑑定、霊的ご相談すべて予約制です。

メールにてお問い合わせください^ ^

 takakura.chisato@gmail.com

髙倉千聖

 

 

自分にとって大切なものを大切にする

 

ありきたりなことで

 

特別なことではありませんが

 

「自分にとって大切なものを大切にする」

 

それは

 

日々の中に

 

出来事の中に

 

ただ、真っ直ぐに望むこと

 

叶うことも

 

叶わないことも

 

そして生きること

 

笑うこと。

 

笑えること。

 

 

鮮やかに軽やかに

 

 

 

 

今日はたくさんの「完了」のお知らせ。

 

 

必要な事柄は必要なカタチに

 

ご縁をいただけましたこと、私にお役に立たせて頂けたこと本当に嬉しく思います。

 

益々に良き風か吹きますように

 

 

ご相談、鑑定、ご予約ご希望の方はご希望の日時、鑑定時間、お名前を忘れずにメールにてご連絡くださいませ。

 

takakura.chisato@gmail.com

 

髙倉千聖より

 

f:id:palura555888:20180904231957j:image

無意識の壁

意識の壁。

 


人は生まれ育っだった環境や、持って生まれた性格、気質により無意識の意識の壁をつくります。

 


その壁を良い意味で壊す言葉の使い方、投げかけ方はあります。

 


一歩、が進めないとき。

 


多くの場合が「出来ない理由、自分ができてはいけないと思っている理由」を無意識に出します。

 


ただ、それは自分ひとりでは気がつきにくい場合があります。

 


そんな「ひっかかり」を気づかせてくれたり、解いたり、編み直したり、そんなサポートをするのがプロです。

 


「まわりに問うてみても誰も答えてくれない」

 


そんなお悩みやご相談も頂いております。

 

鑑定、ご相談のご予約はメールにて受け付け致しております。

 

お電話でのご相談も可能ですがその場合は最近のご自身の画像をお送りください。

 

またご予約のお申込みの際にはご希望の鑑定時間を必ずご連絡くださいますようお願い致します。

takakura.chisato@gmail.com

髙倉 千聖

 

f:id:palura555888:20180903212902j:image

子どもたちはどこまでも元氣ですね!

子どもたちはどこまでも元氣ですね✨

 


私の鑑定・ご相談はお子様連れでも大丈夫です👌

 


ただ、お子様が元気いっぱいはしゃいでも、前後のご予約があります場合、時間の延長はできませんのでご了承ください。

 


アカシックレコードリーディングの個人データ書き出しは45分以上のご予約でご本人さまの分になります。

 


お友達や、親子でご予約頂きます場合もお一人45分のご予約をお願い致します。

 


魂データ書き出しの場合も、データ書き出しが無い場合もご質問は自由です。

 


あまり難しく考えず、リラックスしてお受け頂けましたら幸いです。

 

いつぶりのジョイフルでマンゴーかき氷食べたましたら🍧ふわふわで美味しかったのですが冷えすぎました😓

 

でも幻のポケモン?ゼオロラカード頂きましたよ✨ウルトラムーンとウルトラサンの世界の幻のポケモンらしいです✨

これで私もさらに瞬足で動けるはず✨w

f:id:palura555888:20180827185440j:image

神社のとなりの土地ってどうなんですか?と大家さん業の方からご質問いただきました。

アカシックレコードリーディング、霊的ご相談、魂鑑定士の髙倉千聖です。

 

f:id:palura555888:20180824222600j:image

 

先日とある集まりにお邪魔いたしまして、お隣の席の方からご質問いただきました。

 

通常、面白がってや、興味本位でのご質問には基本お答えすることはありません。

(お答え、お伝えしたところで、軽く捉えられ、真摯にお受け取り頂けないことが多いですので)

 

が、

 

時折、お話しさせていただくことがあります。

 

 

そんな折、

 

「神社の前の土地ってどうなんですか?」とご質問いただきました。

 

詳しくお話しを伺うと、神社の正面でなく横でしたけれど。

 


神社の真正面の場合は注意がありますが両隣、後ろなどは問題ありません。

 

詳しくご相談なられたい場合は鑑定のご予約をお願いいたします。

 

相談料はアカシックレコードリーディングと同じく15分5000円〜です。

takakura.chisato@gmail.com

 

髙倉千聖

 

 

 

 

旅は道連れ世は情け 繋がるしるしとメッセージ

アカシックレコードリーディング・魂鑑定士の髙倉千聖です✨

 

f:id:palura555888:20180819233245j:image

 

先日、行としての宝満山案内、先達をさせていただいて数日。

 

夢なのかうつつなのか  「  来や  来や  」と頭に聞こえる女の人の声。

 

宝満山の山頂に御鎮座の玉依姫さんかな、と思いながら

 

嫌な感じはしないものの、山登るならやはり平日のほうがお人少ないので平日がいいな、と思いつつも、平日なかなか午前中に調整つかずで19日の本日、今朝は四時起きで5時35分から竈門神社を参拝し5:45くらいから宝満山を登りはじめました。

 

今回はひとりですので山の前に一番近いコンビニで500mlの飲み物2本、900mlの日本酒、山頂で食べる軽食、ゼリーなど購入しお山へ。

 

私は山のとき持って行く飴は 昔ながらの「カンロ飴、塩飴、落花飴、黄金糖、ハッカ飴」のどれかです✨

 

色々あめちゃんありますが、昔ながらの飴たちが一番イイんです。

 

(急激に吸収が必要なときが予想される場合や、ご案内の時は熱中症対策のクエン酸やビタミンのはいったタブレットも準備していきます。)

 

宝満山登り口途中から週休一日で週6日宝満山に登ってらっしゃるというFさんに出会いお話しをしながら登っていきます。

 

お話をしながら最初の湧水のところで冷たい山水で口と手縫いを濡らし、Fさんは水場の元5mほど上を確認されるという事で私は先に進みます。

 

その後、すれ違う方々と多少の挨拶やお話しを交わしながら更に登り、七合目の100段の階段中間でFさんが追いついて来られ、100段の階段の76段目にある、手水の石を教えてくださる。76で南無と言う意味らしい。昔の方の粋な計らいを感じつつ、通の方でなければ知らない事を教えていただきました。

 

七合目を上がりきると関所跡とベンチが二つちょっとした休憩ポイント。先に休憩されてあるちょっとご高齢のご夫人に声をかけられ、なんとなくの雰囲気で私も一息。そこで白着姿の私にご夫人が「行者さんこの山で会ったの始めてよ、私もお参りしてるのよ」と色々お話しをいただき、今日登りに来た「来や来や」の夢からお参りにきたと話をしてますと、

 

「今日はどのルートで登るのかい?」とFさん

 

「せっかくですので金の水を汲んでお供えして参拝しますので水場によるちょっと遠回りのルートで行きます」とお話ししますと、金の水よりもおいしいと言われる湧き水があるとのことでその水汲み場まで案内していただけることに。

 

そしてその水場のお話しを頂くと何故呼ばれたのか、何故週休一日、週6日宝満山に登ってらっしゃるFさんにお会いしたのかが分かりました✨✨✨

 

もう少し休んで行きますというご夫人に飴をお渡しし、

 

山頂までの道中ご一緒してくださるFさんそして、休憩所からもう1人の山仲間でいらっしゃるTさんという方がご一緒に。

 

二股の分かれ道から女道の方へ進み、本当に教えて貰わなければ見落としてしまう水場で水を汲み山頂まで上がるその道中も素敵ポイントを教えてくださいました

 

山頂にではお水、お酒、その他をお供えし正式参拝をするその折、1人で山に登るときには持ち上がらない神楽鈴を「持ってきて」と何故かお姫さんのような天女のような綺麗な衣を着た人が舞う様子が浮かび、氣になり、持ち登った意味はこの時にわかりました。

 

今まで一人参りの時は平日早朝でお人少ないこともあり、案内以外で他の方が一緒に参拝することはほぼなかったのですがよほど宝満宮の姫神さまはお参りしてもらいたかったようで

水場を教えてくださり、案内してくださったFさんと同行して頂いたTさんまたその場にいらっしゃった方々にご参列いただき


参拝の手順を簡単に説明し二礼二拍手をご一緒に。

 

神楽鈴を持って振り向くとあらびっくり、総勢10名ほど、降りようとされた方まで戻って来られ、鈴祓いと正式参拝をご一緒いただきました^ ^

 

さらに祝詞を読み上げ始めると曇っていた空が晴れ、燦々と太陽の日差しが輝きました✨

 

正式参拝のあとはお神酒を少しずつ飲める方に振るまわせて頂き、参拝が終わると皆さまきらきらしたお顔をされてありました。

 

そのあとはご挨拶そこそこに降りる方は降りられ、そうこしてますと、7合目の休憩所で飴を差し上げたご婦人が熱い眼差しで寄ってこられ「さっき低血糖になってたみたいで飴のおかげで回復できたみたい」と言ってお声掛けをいただき、とても氣になっていただけたのか「あなたとまたお話がしたいわ」とお名刺をいただきました。

 

その後、昼食にと持ち上がりました、かしわめしにぎり3つとおいなり3つをFさんと何か話したそうに寄ってこられた男性の方にお施待にお分けして、一緒におにぎりとおいなりを食べてますと

 

その男性が

「今度、北アルプスにいくので正式参拝のとき道中祈願をしました」とお話し、ご報告頂きました✨

 

Fさんは正式参拝の祝詞などをいいね!かっこいいね!60年登って初めてちゃんとお参りしたばい!1万円以上払わないかんとじゃない?と意気揚々とご感想頂きました。

 

そんな風に感じていただけることが有難いことです。

 

(とはいえ、むやみやたらとは致しておりませんのでご理解くださいませね^ ^)

 

そしてそして

北アルプスに登られると話された男性は「竃神社のかたじゃないんですか?」と私を神社の方と思われたようで

「違います^ ^個人でお参りさせていただいております」とお伝えいたしましたらちょっとびっくりしたお顔をされてありました

 

ひと息つけたところで下り始めると、手水を満たすのにたくさん水がいるんだよと手水一杯のお水を指してお話し頂きつつFさんにひとつお願いをいたしました。

 

「Fさん、もしよければ、手水にお水を入れる前に、せっかく湧き水を持って上がられるのですから、一度頂上宮の神様にお供えして、お参りしたあと、手水に入れていただけませんか?そうすると神様もよろこびますから」とお伝え致しますと、

 

Fさん「おぉ!そりゃそうやね!持って上がって、横抜けておりるよか、お供えしたがよかね!そげんしたらよかったとやね!知らんかった!他の人にも教えとくね!」と快くご快諾頂きました✨

 

ちなみに、お水を持ち帰るときも、汲んで、神前に供えてお参りして持ち帰ると、御神水になりますよ^ ^とお話しいたしますとそれもまたとても喜んで頂きました✨

 

24時間お人がお参りされる宝満山

 

これからは毎日、山頂のお社にもお水がお供えしていただけるようでキット御鎮座の神様にも喜んでいただけることでしょう✨✨

 

「神様もお水を欲される」というお話しでした。

 

(お家の神棚も、なにもなくてもお水は毎日お供えする方が良いとされます。)

 

下りも、通の人しか知らない寄り道、

また行者道と天狗道、天狗道の途中のステキな場所を案内して頂きつつ、(下記画像✨)で

f:id:palura555888:20180819230755j:image

おにぎりとおいなりのお礼にと湧き水を沸かしてコーヒーを入れてくださいました✨✨

 

大水と台風で岩が出たとお話しされる大きな白い岩はひんやりと冷たくて大の大人が数人はねっころがれます✨

 

見せたい画像があるんだよ!と毎日登る方、7000回登られた方、90度足が曲がってるのに登られてる方、山の超人のお話から、悲しいお話しまで色々お話し頂きました


そうそう、お腹が痛かったのがコーヒーをいただいた後、岩に寝転ぶとよくなりました✨

 

登りもくだりも色々な山のお話やポイントを教えていただき、下山するとあっという間で

 

一週間のうち、6日は登るそうなのでまた会える日を楽しみに感謝を告げわかれました

 

お行も様々ありますが、出会いの中に教えていただけることもたくさんです。

 

今日はゆっくりおりましたので下りのお礼参りをしてお昼前、11時過ぎには駐車場を出ました✨

 

そして下山してのミラクルは去年2017年も8月19日に宝満山に登っていた事がfacebookのメモリーで分かりました✨

 

散々草履で登ってました宝満山、前回、今回は地下足袋でしたが前回ちょっと筋肉痛なりましたが、今回は筋肉痛無しのご加護頂きました✨

感謝です✨

 

最後まで御拝読いただきありがとうございます😊

 

 

行としてのお参りの案内、先達は

九州近場では宝満山英彦山

仏行では篠栗四国八十八か所などです。

 

個人案内は日数により案内、先達料を頂いております。

 

アカシックレコードリーディング・魂鑑定・霊的ご相談全て予約制です

料金等は「アカシックリーディングとは」からご確認ください

 

髙倉千聖